承継における3つのケースそれぞれのメリット

親族への承継

相続による財産権の継承となり資産が減りにくい。
血縁関係があるということで社内や関係者に受け入れられやすい。
親族間で話をすすめるため金銭面での折り合いがつけやすい。

従業員や外部関係者への承継

純粋に能力だけで後継者を選ぶことができ安定した経営をできる可能性が高い。
自社からの抜擢や他社からのヘッドハンティング等、様々な人材から後継者を選択することができる。

M&Aによる事業譲渡

会社売却により金銭的利益を受けることができる。
合理化を図り経営状況が良化する可能性がある。
後継者育成の手間がなくなる。

今すぐ税理士を探す

おすすめの事業承継をPICK UP!!

おすすめの事業承継を「事業承継専門ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 引っ越し はんこ オフィス環境ととのえーる 税理士新聞に掲載されました QRコード