事業承継について相談するならこのサイト

事業承継専門ネット

承継における3つのケースそれぞれのデメリット

親族への承継

会社の経営に適性のない親族に承継させて会社が混乱しまうケースがある。
親族間での争いをまねくことがある。

従業員や外部関係者への承継

個人債務保証を受けることができない可能性がある。
会社内で派閥争いが激しくなり、業務に支障をきたすことも。
他の取引先や融資を受ける銀行等の理解を得にくい。

M&Aによる事業譲渡

売却の値段や従業員の雇用条件面での折り合いをつけることが難しく
売却先が見つからないことがある。
新経営陣により現役員が追い出されてしまうケースが存在する。
M&A自体にまだマイナスイメージがあり従業員から離職者が出ることも。

今すぐ税理士を探す

おすすめの事業承継をPICK UP!!

おすすめの事業承継を「事業承継専門ネット」が厳選PICK UP!!


△ このページのトップへ

女性の相談専門 男性には相談しづらい女性のための女性による相談窓口 引っ越し はんこ オフィス環境ととのえーる 税理士新聞に掲載されました QRコード