東京都の研修ソーシング【ZOOMでのコンサルティング・研修対応】

  • 全国対応
  • photo
  • photo

トヨタ・デンソーの経営思想を体系化!魂の入った人材育成手法を伝授し、強い会社に導きます!

世界を代表する自動車メーカー「トヨタ」と自動車部品メーカー国内首位を誇る「デンソー」は、多くの人が認める“強い企業”です。
「その経営の本質は何か?」と考える人は少なくないでしょう。
何十年もトップ企業でいられるのには、やはり秘密があります。

それは、“人づくり”を懸命に続けていることにあると考えます。
天才が集まっているから強いのではなく、『やり切る』『積み上げる』『継続する』これに長けているから人が育ち、強い企業になります。

デンソーに27年間勤め、河合塾で14年間経営に携わってきた約40年の間に、トヨタ・デンソーの経営哲学・管理手法を習得しただけでなく、教育産業ならではの人材育成の手法を体感。それらの知識を人材育成・幹部人材育成方法として体系化し、さらにはどの業界にも通じるような普遍的な手法としてまとめることが出来ました。

多様な人材を育て、チーム力を発揮し、現場において求められる成果を上げることが仕事の「管理者」、そして会社経営を司る「経営者」、その其々が習得すべき「リーダー必携の三種の神器」、即ち「考える力」・「本質を理解する力」・「ブレない力(7つの基軸)」を身に付けて頂き、企業の「基幹人材」或いは「新しい企業の経営者」になっていただくために管理者や経営者のための人材育成研修に取り組んでいます。

また、各々の企業、団体が強い経営を実践する上で必要となる、方針管理・業務改善・コストダウン・職場能力向上・システム開発部門の強化など、あらゆる場面に有効なノウハウを研修を通じて伝承致します。

先行きが不透明で、将来の予測が困難な時代(VUCA/ブーカの時代)にこそ、「考える力」・「本質を見抜く力」・「ブレない軸をもつ力」が必要となってきます。

「管理者とは何か」・「経営者とは何をする人か」の定義を明確にし、其々のあるべき姿(Be)のために習得すべきこと(Do)を明らかにして研修を行います。
その為、理解力・実践力が着実に養成されます。

みなさまの企業経営をより確実なものにするために必要な情報をいち早くお伝えし、多くの管理者・経営者、後継者が抱える悩みを解消し、経営の成功・発展を実現すべく全力で支援いたします。

人材育成でお悩みの経営者の方々、まずはお気軽にご連絡ください。

都内はもちろん、全国の企業様へ出張も対応可能です(現在は原則ZOOM研修になります)。


弊社は株式会社リワイヤードとパートナーシップを結んでおり、ZOOMでの経営コンサルティングや企業研修にも万全な態勢でのぞんでおります。遠方の企業様も、お気軽にご連絡ください。

研修ソーシングは、(株)デンソー(トヨタグループ)と(学)河合塾での管理職と経営者として培った経験をもとに

・経営者の方
・課長・次長・部長などの管理職の方
・将来、経営者を目指す方
・次世代の幹部養成に困っている方 など

に役立つ【幹部の人材育成】に特化した情報サイトです。

みなさまの企業経営をより豊かなものにするために必要な情報をいち早くお届けし、多くの経営者、管理者が抱える悩みを解決し、理想的な経営を実現するヒントを提示してまいります。

また、より具体的に、より早く実践に活かす為の研修・講演会も行っております。

≪研修ソーシング 実績紹介≫ 企業・団体名
静岡商工会議所 清水支所
(株)JBCC
(株)富士通
三浦工業(株)
JA栃木中央会
富士通フォーラム大阪
三浦工業(株)
共栄火災海上保険(株)
技術派遣会社の幹部人材研修(13回)(株)リワイアードパートナーと共同
静岡商工会議所清水支所オンライン経営塾講座
富士通ファミリート会オンデマンド講演 など
(順不同)

≪研修・講演タイトル≫
結果を出すリーダーを育てる
原理原則に合致した仕事のやり方を身に付ける(リーダーが持つべき軸について)
ブレない軸(基軸)を立てた経営とは(トヨタ・デンソーの経営を参考に)
トヨタ・デンソーの「経営の基軸」とは・・・(モノづくりは人づくりの根底に流れるもの)
考える力を鍛え、結果を出すリーダーを育てる
「考える力・本質を見抜く力」を鍛える
7つの基軸で経営を実践する
富士通との協業によるシステム開発力強化
など

なお内容につきましては、予告なく変更させていただく場合がございますので、あらかじめご了承願います。

住所
東京都豊島区東池袋
職種
  • 経営コンサルタント
対応エリア
  • 全国
電話
090-9931-3651

電話連絡の際は、「事業承継専門ネット」を見たと一言お伝えください。

営業時間
9:00~17:00
定休日:土曜日・日曜日・祝日
代表者
鈴木 一正

≪職歴≫
1955年 静岡県清水市に生まれる。
1974年 静岡県立清水東高等学校卒業
1978年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1978年 入社 日本電装株式会社(現・株式会社デンソー)
    ⇒ トヨタ生産方式を学ぶ
1985年 NIPPONDENSO OF L.A.(米)
1996年 総合企画部
    ⇒ビジョンを策定する。
    ⇒経営管理を実践する。
2000年 通信企画部(部長)
    ⇒携帯電話事業から撤退する。

2006年 株式会社学協 代表取締役社長
    ⇒シェアード・サービス会社トップを約10年間務める。
2006年 学校法人河合塾経営改革推進室(室長)
2007年 グループ総合企画本部(本部長)
2011年 グループ業務本部(本部長)
    ⇒システム部門を強化する。(富士通と協業)
2014年 理事
2019年~監事
    研修ソーシング 代表/(株)リワイヤード パートナーとして、幹部人材育成に全力で取り組んでいます。

≪プロフィール≫
(株)デンソーで、生産管理部を皮切りに27年間仕事をし、その後現在に至るまで、(学)河合塾にて経営に携わっています。
デンソーでは、かんばん方式・見える化・標準化などの言葉に触れ、生産現場での導入を指導されました。
しかし、How to(方法)をいくら学んでも、自分自身の深い理解に至らず、納得のいく成果に必ずしも結びつけることができませんでした。

30歳から35歳までの5年間、アメリカ駐在し、その時の上司Iさんが、アメリカ人スタッフに、How to(方法)を教える前に、「なぜ、このやり方をするのか?」を毎回、伝える場面に何度も立ち会いました。

この「なぜ?」を聞く度に、「あっ、そうか!」「そういうことなのか!」「すばらしい!」という感動をもって、トヨタ・デンソーの根底に流れる思想に気付きました。

指導内容の要点を、毎回必死にメモをとり、この要点メモもとうとう100を超えました。
上司Iさんの帰国時には、感謝の気持ちを込めて「Iさんから学んだ101の言葉」としてプレゼントさせていただきました。

5年のアメリカ駐在を終え、この「101の言葉」を活かして、ホワイトカラー部門の購買部・秘書部・経営企画部・事業部などの仕事をしました。その結果、方針管理、コーポレートビジョン(DENSOVISION 2005)策定、大幅なコストダウン、本社機能の分社化(スリム化)、ホワイトカラーの生産性向上(業務プロセスの改善)など、大きな成果をあげることができました。

「トヨタ・デンソーの経営思想は、普遍的であり、学校法人改革にも必ず通用する!」との確信のもと、学校法人河合塾に職場を移しました。

河合塾は、70年を超えるリーディングカンパニーとしての教育思想と100以上ある教育現場(校舎)があります。教育現場ごとに、一人ひとりの生徒を育成する活動を展開していますが、少子化に伴い、仕事のやり方を根本的に変えるなどの改革・改善が必要であると再認識しました。

そこで、トヨタ・デンソーの経営思想も取り入れ、全社的な改革・改善活動を展開しました。具体的には、方針管理、コーポレートビジョン策定、大幅なコストダウン、ホワイトカラーの生産性向上(業務プロセスの改善)、システム開発力の強化(富士通との協業による)などを通して、在籍中、収益の改善などの大きな成果をあげることができました。

製造業のデンソーの経験と教育業の河合塾の経験を融合し、「7つの経営の基軸」を見つけました。
どの企業にも「7つの経営の基軸」が必要であることから、

・軸がない企業は、軸をつくる
・軸がある企業は、軸が正しいかどうかを判断する
・軸を活かし切れていない企業は、活かす術を身につける

ことが、これからの企業には必要であると考えています。

「7つの経営の基軸」をもとに、さまざまな業種にマッチした経営改革のあり方をアクティブラーニングなども取り入れ、学ぶ機会を、このサイトと研修・講演活動を通して提供していきます。

これからの会社経営を司る人材育成に貢献したいと考えています。
リンク
オフィシャルサイト
料金の目安
まずは、お気軽にお問い合わせください。

本日のオススメ専門家をピックアップ

事業承継専門ネットの最新コラム

  1. 事業承継とは
    事業承継とは
  2. 事業承継とは
    承継における3つのケースそれぞれのメリット
  3. 事業承継とは
    承継における3つのケースそれぞれのデメリット
  1. 事業承継専門ネット
  2. 東京都の専門家
  3. 東京都の研修ソーシング【ZOOMでのコンサルティング・研修対応】